生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2010.05.08 ------ここまで旧ブログ記事------

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.




これより上は「生まれ変わったら猫になりたい。」

これより下は「最果て世界」



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


スポンサーサイト


[最果(旧ブログ記事)]

2010.05.06 あらかじめつげる。

おはようございます。
只今学校。
気分は寝不足でちょっと胃がムカムカ。それだけです。
不安もある、けど。

そんなことより暑い…暑い!
関西なめてました。
でも傷があるから半袖きたくない。
早急に対策を講じなければ。

タイトルの通り予告です。
ブログ移転します!
前提が少し今までと変わるので、まあきりが良いのかなと。
あと少し前に色々な人にバレた訳だし。(自分のせいだけど)
名前やスタンスは変えません。
でも、新しいことって大事…多分。

本来ならば移転作業を完了してから移転しましたなり移転しますなり言うべきなんでしょう。
しかし私の性格上、予告しておいた方が追い詰められて良さそうです。

とりあえず、明日は学校は昼からだし今日の夜から取り掛かろうと思ってます。


[最果(旧ブログ記事)]

2010.05.04 全てを無に帰したくなる焦燥と。

 はい、苦しいです。
一つ問題が解決したと思ったら次。
私は馬鹿なので、罰が当たっているのでしょう。
「調子に乗るな」と。いつもそうなんです。
自分にすごく甘いので、いいことがあるとすぐに舞い上がって、そして忘れてしまうのです。
過去にしてきたことや償わなくてはならないことを。

 今回は掴みかけたはずでした。
どうにかなる糸口を見つけたはずでした。
そして、どうにかなると思っていました。
それが間違いでした。
私はまた罰を受けました。
全てが過去形です。今までに起こったことだから。
そして、「今回は」ではなく「今回も」なのですけれども。

 私はどうしようもありません。
それは、罰を受けていることからもわかると思います。
過去の過ちが償っても償っても未だ山のようにうず高く積まれているような私ですから、常に罰を受けるべきなのであります。
それが嫌なわけではないのです。ただ馬鹿なので、忘れてしまって、その度に「調子に乗るな」と神様が警告してくださっているのでしょう。
だから、それがある毎に私はまた忘れていたのだと落ち込んでしまうのです。
そして過去を思い出してはまだまだ償うべきことがいくらでもあると思い出して、そして申し訳なくなるのです。

今思うことは、それだけです。

 私は宗教は信じてないけれど、神様はいると思っています。
別に信じてようが信じまいが他人のことはいい。ただ、私にはそうして警告や罰があるということです。
ただそれだけ。

 私は調子に乗ってはいけない。
忘れないで、償って許しを乞うてそして罰を受けながら全てを清算する日まで生きていかねばなりません。
誰だったかな、「どうしてそんなに背負うのか」と私に尋ねた人がいましたが、そんなことは簡単ですよね。
必要のないことを背負っているわけじゃないのです。ただ、私がしたことのひどさや多さをその人は知らないんだな…と。
私はそれを全てしてきたわけだから、今になってどうしようもないくらい罪の意識に苛まれている訳ですよ。
今でもはっきり全てが思い出せるのだから。


なんかもう、読み返してみたら私が私はってうるさいな。
こんなだから、私は嫌われるのです。
醜い吃音も容姿も、歪んでつぶれそうな性格も、全て全てが積み重なって私は人から避けられるのです。
そしてそれが自然の反応だと思うので、悲しくはありますが仕方がないのです。

今日もコメント欄閉じます。
なるべく近日中にコメントは返します。余裕がなくてごめんなさい。


[最果(旧ブログ記事)]

2010.04.26 

ほんとになんか砕けそうっていうか、なんというか…感情がどっかへいきそ えです
リアタイが荒れてますがたぶん暫く続きます
気がついてはいけないことに気がついてしまったもう嘘つく意味もないや。
苦しいよ痛いよ寂しいよ、泣きたい会いたい辛い
体の神経がどこも全部ぴりぴりして眠れない
考えるだけでもぴりぴりしだしていてもたってもいられなくなる、けどどうしたら治るのかも知らない息が苦しい心臓が痛い
でもこれが私の罰のようだ
悲劇のヒロイン気取って皆を振り回し罰
神様お願いお願いですから見捨てないでください。この先の人生なんてもう要らないですから。ゴミみたいな人生要らないからだから元に戻してください。
一日でもそれが叶ったらもう輝かしい未来も平凡な毎日も残りの命も要らない。
約束します、いついかなるときにそれが来ても抗わないって約束しますからお願いしますたった一日でも一時間でも一分でももういいまたいつもみたいにできたらそれでいいですそしたらも死にます
だからあの日まで戻してください。こんなの苦しすぎる
でも一番苦しいのは私じゃないからもう私が苦しいままでもいいから苦しくなくしてほしい、そしたらもう何も要らない

涙が止まらないです、。なんかもう画面が見えなくてちゃんと打ててないような気がする
何も考えないで打ってるとこうなってしまう。

涙拭きました。
ひどいなこれ。でもいいやもう直す気力もない。コメント欄閉じておきます。ごめんなさい。処理しきれない。

ほんと消えたくなった。気がつかなくてもいいことってあるんだな。
ああ、もう笑うしかない


[最果(旧ブログ記事)]

2010.04.24 扉を開いて荒らされた家の中を

「皆呼び鈴を鳴らさないで勝手に入っていって、家の中を荒らして回った。
僕はそっと何回もノックして、それから入っていく。
そして荒らされた家の中で●●ちゃんが泣いてるのを頭撫でるんだよ」


 夢を見ることが増えた。それも昔あったことの夢ばかり。
たまに架空の場所のわけのわからない夢も見る。
船舶の中を自転車で疾走してコック長が出てきて綺麗なリンゴがバスケットの中に入ってて…カオス。
昔あったことを夢で見せるのは反則だと思う。
もうおぼろげにしか思い出せないと思っていた台詞を完全再生。泣くわばか。
こんな状況のときにそんな台詞思い出さすな。書いててまた、泣きたくなる。
でも泣いちゃだめだ。




 昨日、いつもお昼ごはんを食べている友人の一人が休んだそうだ。
「そうだ」なのは私は今日昼の時間に授業を入れていないから、不在だったので。

「蓮音ちゃんは、学校に来てくださいね」

おいおい、私に何を期待してるんだい。と思ったが笑ってごまかす。
根本は変わってない。学校が楽しいからといって、この先のことを考えていないわけじゃない。
いつか息切れて休み始めることが怖い。
ずるい人間だから、甘い汁の味が忘れられない。
だから休み始めたら、いっぱい休むようになる。それが怖い。
なにより、私に向かって「学校に来て」なんて言う人がいるなんて思わなかった。

正直な話というか、恩を仇で返すようだけれども、
前の学校の友人たちは、私のことを信用してはいなかった。
というのも不登校を繰り返すからで当然なわけだが、「蓮音だからいつ来なくなっても仕方ない」と思っていることを聞いた。
そして病院に通っていることを「蓮音は自分に甘すぎる」と評した。これは日記に書かれて公開されている。


最初だからかもしれないよ。でも私は馬鹿だからうれしいのだ。


【続きを読む】

[最果(旧ブログ記事)]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。