FC2ブログ
生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2010.08.13 13日の金曜日(仏滅)


 彼はどこかでチェーンソーを振り回しているのかもしれない。
仏滅だけど悪いことは特になかった。
13日の金曜日が不吉とは言うが仏滅まで被るとさすがに何かを感じる。
でも悪いことは特になかった(2回目)

 だけれどなんだかなーと思ったので帰宅してからお香を焚いている。
いい匂い。
ローズムスクってやつ。さっきリアルタイムにも書いたけど。
ヴィレッジヴァンガードなどでちまちま買いためて、結構な数になってきた。
こちらへきてからは近くの商店街の100均でなぜか六角香が売っているのでさらに加速したのも一因かもしれない。
しかしこの間リニューアルオープンしてから置かなくなってがっかり…何でだ。

100813_2228_01.jpg

こんな感じ。
香りは甘いのからすっきり系まで様々に。
でも有名どころしか持ってないし、並べたらそんなに数がなかったという。
とりあえず最近のお気に入りはヒマラヤ(左から4つ目)。
でもどれも全部いい匂い。
一番右端の箱の上に乗ってるのはコーンタイプ。

とりあえずローズムスクが燃えたらサンダルでも焚こうかなっと。

今日はちゃんと眠れますように。
眠るときに焚くのはMOONがお気に入りだったりする。
電気を消してゆらゆらとたなびく煙を眺めているのもなんかいい。

またお香買いに行こうっと。
日本のもいいんだけど、高い…。
とりあえずどれか一箱でも空にしないうちはどんどん増殖してしまってどうしようもない。
収集癖? …いや、消費が追いついてないんだろうな。

明日、発達検査の結果を聞きに行く。
どうなるのだろう?
私は発達障害なのだろうか?

いや、そんなことどうでもいい。
私がどうじゃない。

今必要なのは向こうの親に私が適合できていない、ここが劣っている、と伝えることである。
その為に必要なのは権威ある人の言葉。
だから、これでいいのだ。

私は私?
そんなことは、社会に適合できて、枠にはまれるようになってから、言え。
そう私は自分のことを思う。
人と同じになれない自分が嫌いだ。

スポンサーサイト


[趣味]

2010.06.15 やまぬノイズの中生きていくのでしょう。

 最果て世界の記事がほぼこっちにきました。
あんまりな記事とか下書きのまま放置のは消した。
今日は趣味というかメモ書きにつき。

「情報は一冊のノートにまとめなさい」という本がベストセラーになったが、その本が学校にあったので借りてみた。
と思ったら「読書は一冊のノートにまとめなさい」という本だった。
著者は一緒だから、たぶん書いてることも大体系統は一緒なのだろうと容易に想像はつくけれど。
「ああ失敗しちゃったな」と思っていたら、そんなことはなかった。
巻末に「便利グッズ」と称して文房具が載っているではないですか。

ふう、プレスマン素敵だ…また欲しくなった。
セーフティマジックカッターもいいなー

また文房具病が発症した。
そして定期的に燃え上がるカメラ欲と文通欲。
どうにかならないのこの単純なサイクル。
もうカメラ買ってしまおうかな…そしたら気が済むのかな。
カメラカメラというがトイカメラがほしくてしかたない。
それで少し練習してクラシックなハーフサイズ…ってなんという取らぬ狸のなんとやらだ。

ふう。


前の学校が一緒だった人に初めてメールを返した。
また微細な嘘を重ねた。
雨だれが石をうがつように、いつか私の虚勢も突き破られるだろう。
わかっているのに。
自分を守ることしか考えていないから。




[趣味]

2010.05.15 たまには普通っぽい話でもしてみたい

 意図してあまり「最果て世界」では書かなかった趣味の話。
何故書かなかったのかというと、ろくな趣味がないからなのは否定しないけれど、お金がなくてあれも欲しいこれも欲しい、でも買えない。
買ってないから好きだなんていえない。流行なんて追えない、そんな気持ちがあったから。
今も割とそうなのだけれども。
時間や流行や自制の関係ない物の方が、好きみたいだ。
まあ、そもそもな話私の中では「最果て世界」は本音を吐き出せる場所ではあったが、あまり楽しいことを書く場所ではなかったし。そもそも楽しいことがなかっ…以下略

20100515000850.jpg

 
 学校の図書室で本を借りてきた。私の好きなものの類の本。というか備忘録のためにも。
文房具は素敵だ。

 文房具に魅せられたのはいつからだったか。
鉛筆の書き味や小気味良い音も好きだし、シャープペンで書くときの硬質な音もいいなぁ…。
筆不精だけど便箋や封筒は大好きだし、ちまちまと作ってみるのも好きだ。
万年筆のしゅっとしたラインも素敵過ぎる。ああ、きりがない。
紙の手触りもいいなぁ。インクの匂いも。

こんな話ができる人は近くには誰もいないという、ね。

まあ、話のできる人がいたところで私が向かい合ってまともに話せるわけもなく…。


 本を読んでみた。
シーリングほしいいいいいいい!
便箋も封筒も紙もスタンプもまた欲しくなってきたあああああああああ!

…や、やっぱり(;・ω・)

今財布の中には2kしか入ってないんだから…今月はもうすでに15kもおろしてるじゃないか私…。
(親不孝の極みだよね、死ねばいいのに)
また来月にしよう、そうしよう。

本にはそういう心をくすぐられそうなお店のマップなんかがついてて、そういうのって大体東京とか関西であったりする。
東北に住んでた頃は憧れを募らすだけだったけど、今ならいける。電車に乗ったら行けるのだ。
これ以上嬉しいことはない。
いつか小さなトランクを買って、そこに紙や便箋や封筒やそれに関する道具を詰めて眺めて愛でるのが夢だ。


たまにはこんなのもいいと思う。
プロフィール画像を設定してみた。大きすぎたかな?
いや、それ以前に色調をいじりすぎた気がしないでもない。
でも実物より綺麗っぽく見える。
実物は何にも勝る大切なものなのだけれども。
ありがとう。

ここで言っても仕方がないんだけれど。

一週間が終わってほっとしてる。金曜日の帰宅後、土曜日と日曜日の夕方まではゆっくりできる。
夕方ごろから言い表せない焦燥がちょっとずつくる。
でも、そんなこと今から言っててもどうしようもないや。

今はまだ土曜日だし。


【続きを読む】

[趣味]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。