FC2ブログ
生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2012.06.10 メール晒す

タイトルはつ.け.ま.つ.け.る的イントネーションで。

私「何とか引っ越し終わって落ち着きました。
体調が優れないと聞きました。体に気を付けてください」

父親の再婚相手「ありがとう。○○買ったか?○○は?なかなか辛いですががんばります」

私「○○は買いました。最近眠れなかったりしています。今日も眠れないのでこんな時間(夜中3時)にメールしました。おやすみなさい」

ここまではよかった。
が、この後届いたメールが私を自己嫌悪とフラバのなかに突き落とす。

「なるべく午前中から起きて日中は寝ないようにすれば夜は眠れるはず。
私から見れば○○ちゃんは皆と同じ普通の子。私は医療関係の仕事をしているから、
体が不自由な人や精神薄○者(念のため伏字)や悩める人、お年寄り、幼稚園や学校などいろんな所を回るボランティアもしてきました。○○ちゃんとは全然違います。
今までの環境が○○ちゃんを病気になるように変えていったかもしれませんが、そうだったら今度は○○ちゃんが嫌いで叩いたり、叱ったりする人はいません。
お父さんや私が怒ったりしたらそれは愛です。
いつまでも普通に戻れなければ本当に病院に入れて治療しなければなりません。
まずは普通の人間になりなさい。勉強とか世渡り上手とか全然望んでいません。
(略)
○○ちゃんは○○ちゃんらしくいてくれてそこに少しの努力があってお父さんと楽しく生活してくれればいいです。(後略)」

ほぼ原文まま。
4日経ったが未だにこのメールに返事を打っていない。打てていない。
今の私にはこの文章は理解できない。
何故フラバするかも、分かっているけれど分からないふりをしたい。自分を見つめたくない。

正論だ。正論すぎてぐうの音も出ないのだ。
でも本当にそれだけ?
正論だとわかっていながら、何故自分を否定された気がするんだろう。
病気ではない、と言われたくないみたいで、嫌だ。

このメールが来てからというもの、ことあるごとにフラバしたり大声を上げそうになったりする。
明日もたぶんそうなってしまうんだろう。
父親が帰ってきたらケロっと迎える。
そういう浅ましい薄汚い根性をたたき直せと言われているのだ。わかっている。わかっているのに。

「はい、すみません。改めます」の前に、何故矛盾しているの私を責め苛むだのフラッシュバックがどうの私を仮病にしたてたがってるだのこのクソみたいな口は言うのだろう。
そういう態度だから今まで親に殴られてきたんだろう。
こまっしゃくれて気持ち悪いから、母親に殴られるし罵られるのだ。
今も一緒。
本質どころか性格すらなーんにも変わっちゃいない。
黙って感情を消せるなら「はいすみません改めます」くらいメール返したっていいんじゃないのか。
それができないのはまだ感情を消せない証拠。
病院行くの行かないのとかの前に、もう怖くて怖くて足がすくむよ。
そう言ってる間にも薬は食いつぶされていって、無くなっても予約は取れない。パニックで結局父親にも捨てられる。

そんな未来が見えて見えて。
いつまでも誰かのせいにしているからこんなことになるのに、親のせいにしているから、フラッシュバックするのに、私は全然反省も改善もできていない。

本当のところは私にもわからない。
こういう風に言われることを繰り返していると、「あれ、私知能検査でもわざとあんな風に答えてしまったのかな、嘘ついてしまったのかな。ああそうかもしれない」って思うようになるんだよね。
「あれ、今まで病院に通って具合悪いって言ってたのも全部ウソだったのかな、本当は仮病だったのかな。そう言われてるんだからそうなのかもしれない」って。
でもそう思うこと自体が誰かのせいにしていて、自己がなくて、意思薄弱で。

普通の人はさ、こんなに嘘つかないと思うよ。
こんな大変な害悪ゴミムシを飼っているということを、父はまだ知らない。
いつまで隠し通せるかな。眠剤切れるのが先か私が切れるのが先かそれとも病院に通い始めるのが先か全部それも未定。
スポンサーサイト


[日記]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。