生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2012.06.13 びよいん

父親の方から「病院どうすんの?」と話を振ってこられたでござる。
行かないとも言えず、行きたいとも言えず…。
しかし父親は行く気のようだ。
ありがたいんだけど、でも…。
明日電話かけなきゃダメかな。ダメだよなあ。ああ…電話嫌い。
ありがたいことなのに素直に喜んだりできないのは、やっぱりここ最近悩んでいることのせいなのか、甘えているからなのか。

正直、眠剤がなくなったら自然とまたおかしくなるだろうと思っていたから、そこまではなんとかなると思っていた。
まあ、明日電話したとして明日明後日診てもらえるわけでもないのだろうけれど。
というかあの病院でいいんですか…いや行くしかないけど…。

父親との血縁関係は戸籍謄本だか戸籍抄本でも取り寄せない限り、確認する術はない。
それを父親はわかっていながら、ついてきてくれるという。
申し訳なさでいっぱいになりながら、結局私は病気になりたがる道を選んでしまうのだろう。
風呂に入って自分の腕の赤いグロい傷を見ながら、父親はかわいそう、と思う。

スポンサーサイト


[短文]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。