生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2012.06.26 左こめかみの痛さは異常

 病院まであと17日。
大阪行きまであと1月。
行かないって言ってたけど、行かなければいけなくなってしまった。
そのことで自分の手落ちだと分かりつつ自分のふがいなさに文句を言っていたら父親が不機嫌になったのが分かった。
それから心拍数があがってびくびくしてきて、目の前がチカチカしてきた。
頭が痛くなった。死ぬことばっかり考えた。
親を不機嫌にさせることがここまで怖いものなのか。
もうこうなったら怒鳴られたら家飛び出して飛び込んで死ぬしかないんじゃないかってくらい怖かった。
実際怒鳴られたらたぶん死ねないんだけど。
クズすぎワロタ。

 やっぱり父親は私のことを分からないと思う。
分からない方が正常だと思う。
勉強できないなんて言い訳でしかなくて、じゃあネットもゲームもPCもすんなよ、って思うのが普通だって自分でも思うもん。
掃除もできてないって思ってるだろうし、父親は不満だらけだと思う。
何でこんなの引き取ったんだろうって本当は後悔してるんじゃないかとも思う。
父親と暮らし始めてから今日でちょうど一カ月。
「そんなに無理しなくていいよ」って言われて「最初の一カ月はサービス期間だから(笑)」と私は笑った。
けど現実は、父親を満足させるサービスなんて最初から何一つできていなかったのだ。
その癖ゲームだPCだ、でも勉強できません働けましぇん><なんて普通おかしいって思うだろう。
だって父親はまっとうに社会に出て働いているもの。
自分でもちゃんちゃらおかしいと思ってるよ。
そのことについてものすごく責め苛まれる気持ちになるし、実際何かが私を責め苛んでいる。
それがたとえ幻覚だとか幻聴だとしても。
だから、「お前のことは理解できない、お前はやっぱりおかしい」って言われた方が気が楽で、
「楽に生活していけるように」なんて言われたら、「お父さんはそれでいいと思ってるの?」って、私は聞いてしまうと思うんだよね。

 本当のことを言うと、ゲームはそんなに面白くない。
泣くのと似ていて、泣いてすぐは悲しい!うわあああああ!!って思うんだけど、すぐ涙止まっちゃうんだよね、だいたい。
ゲームをやり始めると、ちょっとの間、おっ、面白いなやっぱり。とか思ってるんだけど、だんだんなんかつまらなーくなってきて、ゲームにさえ集中できなくて、電源を切ったり付けたり。
だからと言ってこれで具合が悪いことが肯定される言い訳になりうるなんて到底思わないし、許されることとは思わない。
私がゲームとかPCばっかり楽しそうにやってて勉強全然しないように見えてるってことは自分が一番よく分かっているし、実際そうだから。

 あと一歩のところで本音はいつも話せない。
話すべきでないと思ってブレーキをかけているのかもしれない。
実際話すべきではないと思う。父親の負担にしかならない。
だけど、話しておいて父親に嫌われた方が、気持ち悪がられた方がいい、そんな気がする。
甘えてないでと諭されるかもしれない。
私も甘えだと思う。

スポンサーサイト


[日記]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。