FC2ブログ
生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2012.07.20 身から出た錆

 計画的に勉強していれば、ギリギリで慌てなくて済むというのに。
相変わらず学習しないなあ…。
まあ、計画を立ててその計画を守れたとしたらその時点で私は私でないような気がするけれど。
それはそれである。
何も、「やらないこと」を正当化する理由にはならないから、やるしかない。やるほかない。

 父親に病院をキャンセルした旨を告げると驚いていた。
「まあ、でも、あんまりいいところとは思わなかったけど」って言ってくれたけど、本音かな、気を遣ってくれたのかな。
そして、支援センターを紹介してもらったことも話し、「明日電話をかけようと思う」と、言った。
発達障害絡みなのであまりいい顔をされないかなと思ったけれど、父親は「お前がやりたいようにやればいい」と言ってくれて、やっぱり取り越し苦労なのになーと残念すぎる自分をかみしめている今。
父親が文句を言うはずはない。悪い意味でも、いい意味でも。
発達障害じゃないと思っていることは知っている。でも、それを言おうとはしない。
だから本当のところどう思っているかは良く分からないけれど、とりあえず電話をかけることを許してもらえているだけありがたいと思っておかないとな。

という訳で明日電話をかける。
大阪にいた時もそういうところを頼って連絡したことがあったのだけれど、年齢がどうこう言われて断られてしまった。
高校生でも18超えてたらダメで、うちでは扱っていないから大学病院に行けとあっさりお断りされた。
大学病院は保護者付き添い必須で諦めざるを得なかった上、行ったとして三カ月待ちだったっけか。
そういうことには、ならないといいけど。

 あと住民票なあ…。
母親に取られたまま、結局返してもらっていない。
私のものだから、その気になれば取り返せるというか、こっちに持ってくることはたやすいのだけれど、一体何を考えてあの家に私の住民票を移したのかについては謎のままだ。
何考えてるか全く分からないな。
この間留守電入ってたけど例によって怖いのでまだ聞いていない。
「声が聞きたい」とか言われても、私は震え上がる気持ちで留守電聞くのが精いっぱい。
「ひいおばあちゃんが死にました」とか言われたらもう立ち直れなくなりそう…。
なんか、そんなつもりはないのかもしれないけれど「お前が帰ってこないせいで死んだ」みたいなものをヒシヒシ感じそうで…。
近所のおばあちゃんが死んだ時も、私が顔を見せなかったせいじゃないのかとか色々言われて、私は結局そのおばあちゃんの出棺の瞬間に立ち会うことができなかった。
自分が殺してしまった気がして、怖くて怖くて。
私が顔を見せていれば、会えていれば、おばあちゃんは倒れたまま放置されたりしないで、助かってたのかな、って。

もう、5年くらい経つけど、未だにトラウマ。
私が殺したのかな、って本当は今も少しだけ思っている。
そんなだから、親戚が死んだとなればなおさらだろう。
何か良く分からないけどそんな妄想に取りつかれて怖くて留守電聞けない。死ぬ。

 そう言えば明日髪切りに行く。
気温の低い明日がチャンス。
父親にお金渡されて髪も染めて来いと言われた。
そう言う訳で生まれて初めて染めに行く。
自分で髪は高校卒業するまでは染めないと決めていたけれど、いざ高校卒業しても染める気はそんなになかった。
多い太い硬いの三重苦の上、伸びるの早いし。
というか、母親に「お前みたいな醜くて汚い奴は髪なんか染めるべきじゃない」というようなことを言われ続けてきたこともあるのかもしれない。
普通は父親に髪染めろなんて言われないよなぁ。もっとおしゃれしろとか。
普通はそういうのは母親が言うもんだよなあ、と思ったけれど、私が母親から言われたのはキモいから髪なんか染めるな、デブなんだから私の買ってきた服を着ていればいい、お前はセンスが無いということだったと思いだす。
何かもう歪みまくりでつらい。いまさらつらい。
自分が醜いのは確かだけど…わかんないや、なんかもう。
何でこんなに離れていても、親たちのトラウマに自分は支配されているんだろう。
姿も見えないし聞こえないはずなのにいつも見はられているみたい。
見張っているのはたぶん自分自身なのに。

 なにはともあれ髪を切りに行って電話する。
書いたし書き捨てでいこう。
本当はもっともっとトラウマを捨てていきたいけど、なかなか難しい。
自分の認知がいかに歪んでいるかということを思い知らされるたびやっぱりつらい。
でも今は忙しさに追われているからあまり考えなくてすむかもしれない。それは幸い。
スポンサーサイト


[日記]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。