生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2012.11.02 まだわからない

 前に更新してから5日くらい経っていた。
土日は何とか乗り切ったけど、起きたのはあまり早い時間ではなかったと思う。
「思う」というのは記憶があいまいで、よく覚えていないから。

 とりあえずこの間病院に行ってきた。
朝6時に自分の意思で起きたのは久しぶりで(途中で目が覚めることはよくある)、久しぶりにコーヒー飲んで。
電車を乗り継ぎ駅からも結構遠くて。
話している時間も長かったけど待ち時間も長かった。
心理士さんから話をとりあえず(とか言いつつかなり話した)する。
登場人物が多く人間関係と場所が複雑で話に手間取った感を受ける。
しばらく待って呼ばれて、診察の時もやっぱり人間関係と家族構成と場所で混乱する。
話していて手間をかけて申し訳ないという意味で何気なく「すみません」と謝ったら「何で謝るの?あなた悪くないでしょ」とか言われる。
知能検査の話をしたらバタバタとまた別の心理士さんを呼ばれて社会不安障害みたいな~とか摂食障害がどうとかささっと二人で喋ってまた知能検査が必要かもしれないと言っていた。
とりあえずあなたにはカウンセリングと治療と薬が必要ですと言われてカウンセリングも診察も継続することになって、自立支援の申請をする話になった。

 …が、母親に住民票を取られているので現在進行形で話がこじれ中。
父親と先生が矢面に立ってくれるそうで、私は母親と接触しなくていいそうだけれど、父親はやっぱり嫌なんだとわかる。
取られてると言っても私が転居届を出せば別にどうってことないんだけど帰らないといけないし。
というか大学病院に行く話はどうなるんだろう…自立支援申請するってことはここに通うと言うことなのでは…。
私自身は受ける印象は悪くないとは感じるけれどまだ一回目だし、馬鹿だから優しい言葉をかけられて惑わされていると言う可能性もある訳だから何とも言えなくて。
父親はそれほど悪い印象を抱いていないのだと思うけれど。
まあまず来週カウンセリングに行く。

 愚かな話だけれど、私の殆どの症状が両親の離婚した前後に始まっていることを指摘されるまで気づかなかった。
まあ、どちらかと言えば離婚のせいではなくて、転校して自分が社会不適合であることに気付いたからだと思う。
でもあの頃から全て始まったんだなと思うと私はやっぱり6歳で心が壊れてしまったと思うし、精神年齢も未だに6歳のままなんだろうなと思う。
「離婚の責任は子供には無い」って言われたけどね、でもね。うん。
私もそうは思わないけど、でも、うん。転校した先でうまくやれなかったのは私の責任。
「居場所が無いままずっといたんだね」って、言われて泣いてしまった。
「19歳なんてまだまだ子供だよ」「あなたは自己評価がとても低い」って。

でもやっぱり…「死んではいけない」と言われるのは、疲れた。
今日も死にたい。昨日も死にたかった。明日も死にたいと思う。
私自身は今は(ずっとかもしれないけど)それをどうすることもできないし、薬でどうにかなるものでもない。

 ドグマチールとマイスリーをもらった。
本当はドグマチールは太るから嫌い。でも、飲む。
14日分もらったマイスリーを4つ他の袋に入れる。貯める。
何回か行くまで、判断は保留。父親とも少し話さないと。
でも他へ行こうとは言わないから悪い印象は持っていないのかもしれない。先生と何を話したのかは知らないけど。
知能検査の結果、どこかに紙があったような気がしたのだけれど。
私が持っていたのか、誰かが持っていたのか、それとも貰ってなかったのか、忘れてしまった。
父親に見せたことがあるのだけれど、あの時私は持っていたっけ…?困った。
gatbの結果じゃ駄目かなあ(ダメです)

たくさん書いたら疲れた。
以前のように書けるようになれるかな。今年ももうすぐ終わる。
2月、私は大学受験をしているのか。そもそも受かるのか。行けるのか。
なーーーーーーんにも、考えられない。ダメだなあ。何も変わってない。


相変わらずカウンターは伸びてるわ拍手はたくさんあるわでヒッこんな弱小ブログがとか思ってる。
でもありがとうございます。


追記で拍手返信。




>ウルさん


 ごめんなさい。せっかく言ってくださったのに、「生きていたい」とはやっぱり思えないです。
「死ぬ気が無い」から生きてるとも言うのですが…。
死なないでと言われるのは、有り難いことです。でも、期待には応えられないかもしれないなぁ、申し訳ないなあといつも思っています。

 ブログの記事、たくさん読んでくださっているんですね。ありがとうございます。
昔の記事はちょっと幼稚で、恥ずかしいですが…(笑)
ウルさんも引きこもったりとかされていたんですね。
自分の中にある苦悩は、他人には理解してもらえないですからね。つらいところです。
とはいえ、やはり自分には同情できないです…。
まだもういくらか頑張りようがあったのでは、と思います。

 ただ、首を吊ったとかその辺よりはまだマシ(どっこいどっこいですが)かなとも思うので、それで何とか生き長らえています。
今は、病院のことをなんとかしなきゃなと少しは思えているので…。

せっかく励ましていただいているのに、前向きな言葉の一つもお返しできなくて、ごめんなさい。
こんな風になってもまだ、言葉をかけてくださる方がいることはとても恵まれていることだと思います。
ほんとうにありがとうございます。
スポンサーサイト


[日記]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。