生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2012.11.12 緩慢な自殺

 眠剤が手元にあると安心する。
14日分もらったものを4日分最初から別の場所に移し、10日分を毎日飲むことはせずに使う。
あとは今週の通院日の分しかない。
この間まで、7月の中旬に二週間分もらったものをセコセコ飲んでいたことを考えると別に悲観することも無い。
眠れない眠剤飲めないで八方塞がりな気分だったから。
今も眠剤飲まずに寝ると、寝つきは悪いし、目は覚める。
でも、無計画に眠剤を飲みきるともっと地獄が待っていることを知っているし…。
いつ病院に行けなくなるか分からない、そういう可能性は常に考えておくべきだと思っている。
いずれにしろマイスリーだけでは限度があるので、何種類か時間をかけて増やしてもらうつもり。

 相変わらず過食が止まらない。
父親に最近太ったんじゃないかと言われた。
後で体重計に乗ったら一番太った時の体重に戻ってた。死にたくなった。
お金あったら下剤買いに走ったんだけどもうお金なくて。
良く考えたら月のお小遣いの半分以上が過食代に消えてる。
嘔吐恐怖とは言え下剤も飲まずただ過食するだけじゃ太るにきまってるんだけど。
ちょっと病院に行ったら下剤もらえないか相談しようと思ってる。出してもらえたら一番いい。
出来なかったらゲームと本を売ってでもお金作るつもり。
父親は脳みそで食べてるとか、お腹一杯になるまで食べてるからとか言う。
うん、本当のことだよ。
ていうか胃袋がはちきれそうになっても吐きそうになっても食べられるの辞められない。
吐きそうになったら怖くて口押さえながら震えてのたうちまわってるし。
…なんて言えるはずもなく。

 というか自分のそういう症状を知られることが本当につらくて恥ずかしくて。
同情されたくないっていうのもあると思う。
まあそれだったら精神科に通ってることも発達障害と言われたことも言うなよという話になってしまうんだけど。
精神科に通ってるけど良く知らない、そう思ってて欲しいなって思うのはおかしいのかもしれない。
お金出してもらってるし。でも本当に知られたくないんだ。
どうしてなのかはよくわからない本当のところは。とにもかくにも知られたくない。
自分の弱みを家族に見せるとか自分の病状について事細かに知られてるなんて怖すぎ。つらすぎ。

だけど過食のことなんかは太ってきたりして目に見えることだしもう父親はうすうす感づいているのではないかと思う。
感づいているのではないかと思うことと、話して知られていることでは全然違うけど。
やっぱり知られたくはない。自分で話せる気はしない。せめて医者の口から。

 久しぶりに腕を切った。特に何があったわけでもないし別に傷も深くはない。
何がまずいかというと剃刀おろしてしまったし傷がついたので腕切りに対するハードルが下がってしまったこと。
それだけ。
自分でも何がそうさせたのかよく分からない。

 全体的に調子はよろしくはないようだ。
とりあえず薬をだしてもらおうと思っているのが見え見えで自分でも嫌になる。愚かで、クズで。
病気だと思われたい気持ちがもう露骨すぎ。
そうじゃなくて根本を治そうとしないと意味ないのに。時間ない。本当は無いのに毎日何してるんだろうと思う。
私が思うくらいだから父親はもっと思っているだろう。
来年もニートだったりして。
もう限界じゃないか、いろいろ。また、首吊ろうとしてる。うん。



追記で拍手返信。




>ウルさん


 運動のこと、とても参考になりました。ありがとうございます。
「踏み台昇降」って初めて目にして、検索してみました。こういうのがあるんですね。
なかなか布団から出るのも辛い日が続いているので、少し楽に思えました。
父親は厳格に監視しているという訳ではないのでどうにか騙し騙し誤魔化しています(笑)。
 
 カウンセリングも病院もまだまだ最初ですし、そういうものなのかなと思います。
何回か行ってみないとやっぱり判断しちゃいけないかなと…。
最初だから意思疎通がうまくいかなかったのかなと今は思っておくことにします。
過食のこととか、次の診察で少し話せるといいなと思います。というか話したいです。

 父親との関係はなかなか難しいですね。
私も父親もストレスを感じていると思います。親子とは言え他人みたいなものですから。
父親には感謝しかありませんが、それと私の症状を話すこととは別物というか…はい。難しいです。
基本的に人に思ったことを伝えるという行為をあまりしたいと思わ(え)ないのですよね…。
父親が変わってくれれば、というよりは、私がまともになれば、と、思います。
それが恩返しでもあると思うし。

どうなるかわからないのですけれど、どうにかなればと祈るばかりです。いろんなことが。 



>nov2019さん


 お久しぶりです。
コメント欄も閉じていますし、コメントする、しないはいらっしゃる方の自由だと思いますので、どうぞお気になさらず…。

 限界だとかもう無理とか結構書いてしまうんですけれど、それは自分の感情であって自分の弱さであり、
精神医学のものさしで見れな大したことないのではと思っていたので、自立支援を申請してまで継続して通うだとか重度だとか(たしか、自立支援の申請ってそんな感じの項目があった気がして)思っていなかったもので。
でも、正直3割負担で週1回は病院に行ってそのお金を親にたかるというのはつらいものがあったので、
負担になる前に向こうから切り出してもらって助かるなって言う気持ちもあったりします。
このままでは来年の社会復帰(?)さえも怪しくなってしまうところでしたので。(既に怪しいけど…)

 私も外に出るのが怖いので分かります。昼間は本当に怖いですよね。夜も怖いですけど…。
カーテンを開けるのも辛い、っていうのは大変そうです…。
私は布団から出るのが辛いくらいでまだどうにかなってますが、気持ちはわかるつもりです。

 お仕事されていらっしゃるんですね。薬を飲みながら…。
病気になっても社会に出て働いていらっしゃるなんてすごいです。私からすれば、本当にすごいです。
そういう方からすれば私のように働きもせず家にいる人間ってきっと甘えみたいなものだと思うんですけれども、
優しい言葉をかけていただいてしまって。

 頑張らなきゃ、このままじゃ駄目だ、っていう気持ちはいつもあって。…気持ちだけは。
間に合うかは分からないですけど、少しでも何とかしていけるようになりたいなって、思ってます。

 猫は、実家…というか父親の家の猫です。
まあ帰る時は長期滞在なので暮らしてると言えば暮らしてます。時々禁断症状が出ますが…。
そんな時は写真を眺めて気を紛らわしています。かわいいですよね。
アレルギー性鼻炎があるので叶わなさそうですが、いつか猫と暮らしたいものです。
スポンサーサイト


[日記]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。