生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2012.12.01 先は

 ろくすっぽ眠れないまま早朝に起きるようなことが続いている。
薬が増えたりなんだり。
父親を病院に連れていった。というと言い方が悪いけどついてきてもらって先生と話してもらった。
私は居合わせなかったので何を言っていたのかは知らないし聞く勇気ない。
その日帰ってきて電話をしていたらコーヒーを父親の定位置でぶちまけた。
怒ったと思ったのでパニックになりながら拭いて外へ出ていこうと思ったけど黙って出て行ったらもう二度と家に入れてもらえなくなるかなと思ったのでごめんなさいと謝ったら許してもらえたし怒ってないと言われたのに解離してパニック起こしてる人が泣きまくった。

叩かれると思った怒られると思った許されないと思った、そんなこと言って気を引こうとしていた。
父親曰く自分は怒った覚えがないし叩くつもりもないし怒るつもりもないと。
いつかは母親たちにされたことを話して欲しいそうだ。

父親はまだ知らない。私の「怒られた」のハードルが著しく低いこと。
人の機嫌を過度に伺い被害妄想甚だしい自意識過剰人間であること。
確かに怖いと思うのは本当だしそうせずにはいられない。でも、それは、普通じゃないらしいから。
間違ってるし、弱いだけ。
でももうそろそろ色々バレてるんだと思う。なんとなくわかってる。
崩壊のときが近づいてきてる気がしてならない。
スポンサーサイト


[短文]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。