生まれ変わったら猫になりたい。

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スポンサー広告]

2013.02.20 不在えでぃしょん

しばらく消える。
二週間か一ヶ月かもっと長いのかは、わからない。
今日書いて、広告出るまでには戻るはずなんだけど、更新しないで広告がでないかはわからない。
あんまりあの広告が出るのが好きじゃない。
という訳で最後のネットを楽しんで(?)いる。
でも、ここ数日もPCにさわらなかったし、さわらなければさわらないで何とかなるのかもしれない。
ゲームしてたせいかもしれないが。
それも今日からはほぼやめる。
これからしばらく病院には行けそうにも無いのにあと3日で薬が切れる。
どうなってしまうのかー。


[短文]

2013.02.03 終わりの始まり始まりの終わり

 流石にあまり余裕が見られない。
上手く睡眠がとれなくなってきているけれど、マイスリーを常用してしまうと効かなくなってしまうから、毎日飲むのはあんまり得策じゃない。
昨日は金曜日ということで、父親がいるし起きられなかったらやばいなーとマイスリー飲んだけど、
昼ご飯食べてからこたつで眠ってしまって父親がイライラというか何となく良く思ってないのがわかった。
ちょっと勉強してから外に出てトラブル回避。
神経質すぎるかもしれないけどこの時期にトラブル起こしていいことは一つもない。
外に出るのも、あまり出たくはなかったけれど仕方がない。
2時間も眠ってしまった自分が悪いのだ。朝も起きられなくて9時に起きてしまった。
1時に寝て9時に起きて眠いってなんかおかしいよなあ。
睡眠に関してはものすごく効率の悪い体である。
何回も目が覚めるのはもう慣れたけどいい気はしない。
そこで起きておけばいいものを…って感じだけど。明日は早く起きよう…。

 ふと歯磨きしながら鏡を見ると自分の目が真っ赤で血走っていてぎょっとした。
あーもうどうでもいいや~ってヘラヘラしてたけどまたゴチャゴチャしてきた。
ふとした瞬間、足元をすくわれそうになる。頑張ってもいないのに救いを求めそうになる。
何か悪いことでも起きなければいいのだけれども。


追記で拍手返信。








【続きを読む】

[短文]

2013.01.26 剥がれる現実

 時間が無くなっていくというのに、どんどん現実味もなくなっていく。
「このままじゃいけない!」という感覚さえ覚えなくなっていく、忘れていく。
下手したら、気がついた時には既に全部終わってて…みたいなことになってそうだ。
感覚がないまま、感情がないまま、中の人が違うまま…想像するだけで恐ろしい。
心臓をバリバリと引っ掻かれる感触が痛い。

 そんなことやってても時間は待ってくれないので願書を出してきた。もうやるしかない。
受かるつもりでいる、けれど。落ちたら、吊る。
だいぶ薬も溜まってきたし、次は失敗しない。
遅かれ早かれ自分は吊るしかないと思っているので、それが2月になるか、半年後か、1年後か、それだけ。

 父親に病院に行くのをやめろと言われてから、私の中で何かが切れてしまったようで、
「もうどうせ近いうちに死ぬしかないんだから~」とニコニコ笑えるようになった。
もともと死ぬのは怖くなくなっていたけれど、こういう状態になるとはね。
どうせ死ぬんだしって思ったら色んな事が最後かもしれないから、だから楽しい。なんでもやりたい。
死ぬしか選択肢がないのだからと思うことによって、欲望に忠実になって、丁寧に楽しんで。
皮肉な話だよなあ。
でも、死ぬという希望を持ったことは間違いない。
「まともな人間じゃない」と言われても、メソメソグダグダしなかった。
たぶん、12月の私ならまた首吊ること考えてたと思う。
「あ~ちょっと前の私ならここでつらかったな~」で今日はおしまい。
そうやって死ぬから、死ぬしかないから、って思っただけで、自分が死ぬことを考えただけで、
いちいち人の言葉に惑わされないでニコニコしていられるんだからやっすい人間だ、本当に。

 もうなんか疲れちゃったんだよなあ。
中1からまともに勉強したこと一度もないのに11月から毎日毎日勉強して頭壊れちゃったのかもしれない。
もうすぐ受験なのに中学英文法やってる、それすら覚束ない奴なんかいないでしょ…。
必死にいろんなこと見ないふりしてる。
その一方でもう死ぬからいいって笑ってる。
どっちも自分のはずなんだけど。
たぶん、死ぬからってどうでもよくなったとしても、ボロボロなことには変わりないんだろうね。
書きたいことは色々あるのに書くことにものすごく力が要る。
現実逃避が極まってるんだか追い詰められてるんだか分からないけど相当だな。
セロクエル飲んで寝る。


[短文]

2013.01.07 製作総指揮:私

父親からついに「病院代高すぎ、薬漬けなんじゃないの、行くの辞めろ」宣言が出た。
あまりの恐ろしい真実に震えが止まらなくなってしまった。
今すぐスパーンと断薬したらどうなるんだろう。
夜は眠れなくなって、また外に出られない、出るのが怖い、幻覚と幻聴に付きまとわれて、
外に出たら監視されてるし家でも監視されて、ほぼ寝たきりになっているのではないだろうか。
それとも私が甘えているだけで意外と薬なしでもなんとかなるのだろうか。
どうしたらいいかわからなくて震えが止まらない。
とりあえず次の診察には行かせてもらえるみたいなんだけどこれからどうなってしまうんだろう

こんな事さえも自己演出の一環みたいな気がしてきた。
結局びょうきですーぐあいわるいんですーって言ってるだけのような気がしてきたのだ。
父親に私がどんなふうに見えているか分からなかったけど行くのをやめろと言われてごめんなさいしか言えなかった。
薬の処方みせなと言われたのでテーブルの上に出しておいた。
父親は明日からいない。私はどうなるのだろう。


[短文]

2012.12.25 さいきんのこと

 知能検査終わった。
「わかりません」って何回言ったっけ「もういいですよ」って何回言われたっけ。
どんなスコアが出るんだろう…。
中途覚醒や幻覚幻聴、フラバがきついと言ったらいきなりセロクエルを4倍くらいに増やされてふらっふらしている。
自分の体がこれはヤバいと告げているが、処方だし…。
っていうか年内最後の診察がこのあいだだったんだけど先生と意思疎通できなくて…。
問題はそこじゃなくて、ああ…みたいなことになって、どうせ結局私が間違ってるんでしょって思った。

 でも主治医を信用できなくなったら終わりだからこれは矯正すべき思考だし、
他人の目から見たらそういうことなわけだし、
じゃあ薬のこの増やされ方や処方はこれでいいのか?っていうのも、抱いてはいけない気持ちなのかもしれなくて…?

しかしこのままでは集中も日常生活もままならない。
正直ほんとに困ってる。
明日明後日あたりで病院終わってしまうから一回電話かけて聞いてみようかなと思うけど迷惑だろうか。
本気であーあー言ってるだけの廃人になりそうでヤバいし増やしたからってきっとこれでよくなるわけじゃない。
やっぱジプレキサの二の舞ですか。
戻して欲しいけど年内もう診察ない。

世間ではクリスマスのようだが我が家では父親が仕事の為クリスマスは日曜日で終了している。

そんなことより薬の眠気のせいでヤバくてクリスマスとか言ってる場合じゃなくてこれどうするんだ。
もう明日電話かけよう。人間に戻してくれぇ。

[短文]


カテゴリ : はじめに 日記 短文 携帯 趣味 記録 最果(旧ブログ記事) 
admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。